子供の才能を伸ばしたい!教育ママの為の専門サイト【ママとれ】

子供の才能や能力を伸ばしたい!そんな悩みを持つママさん達の為の総合情報サイトです。

教育プラン

いつからするべき?幼児教育を行う時期&5つの子供を無理なく成長させるポイント

投稿日:

幼児教育はいつから?

幼児教育を行う時期&5つの子供に無理なく成長させるポイント

【PickUP】あなたのお子さんの能力ちゃんと把握されていますか?
今子供の教育で最も重要視されている事の一つが、「お子さんの特性に合った教育」を行ってあげる事。わずか60日でお子さんの才能や能力を知る事が出来るんです。

【痛みや面倒な検査無し!】子供の才能や特性を知れる「遺伝子検査」を確認する

いつから幼児教育を行うのが良いのか?当然個人差が有るから焦らない事が大事

子供が生まれれば成長するごとに気になってくるのが幼児教育ではないでしょうか。

いつからうちの子供は幼児教育を行って行くのが良いのか…。そんなお悩みをお持ちの方も少なくないでしょう。

幼児教育は成長に併せて行おう

昔から幼児教育に関しても家庭により差がありますし、個人によっても差が出てきますね。

だからと言って、何もわからない状態で無理に教育を始めても進めること自体が難しい場合も有ります。

できるだけ環境や成長度合いを見計らいながら進めることも重要です。

適切な時期と教育法を知る為に「遺伝子検査」を行うのも一つの手段

子供の遺伝子から幼児教育の時期を探る

ですがその前にわかっていることがあれば、適した幼児教育の方法が見つかる場合もあるのです。それが子供の才能です。

子供の才能はまだまだ生まれてすぐにはわからないものですが、今では遺伝子の検査で知ることができます。

「学習能力・身体能力・感性」この3つの項目だけでも重要な部分でしょう。

知っておくべきこの3分野を知ることで、子供に最適な教育を始めることができるのです。

どういう教育をどのタイミングで行えば良いのか?分からなくなったらこういった遺伝子検査等で明確にする事も一つの手段です。

一般的には3歳までに始めるべきと言われているけれど子供の成長を見守りながら進めよう

子供の成長に合わせた幼児教育

世間では幼児教育に関しては色々と言われています。

習い事も3歳までや5歳までに始めた方が良いなど言われています。

確かに早めに始めることは良いことです。

頭脳や体の成長もこの時期が著しいので、習うことで色々な刺激を受けどんどん成長することができるはずです。

ただ無差別に色々なことを習わせてしまうと子供の頭もパンクしてしまうでしょうし、楽しいと思えなくなってしまってはストレスに変わってしまいます。

そうなってしまわないようにまずは子供の成長を見守ってあげる事がとても大事です。

基本の年齢である3歳までに才能に関して知るようにしていれば、習い事も無理なく始めることができます。

習い事等を幼児教育に取り入れるのも良いけれど「楽しみながら」を忘れずに

楽しみながら学ぶ子供

また習い事にこだわらず、そういった関連の絵本や教材などを自分で手に入れて自宅で気が向いた時に一緒に楽しむと良いでしょう。

定義としては3歳ぐらいからというのもありますが、そこまで無理されず子供の成長を見ながらでも十分でしょう。

教育に固執しすぎてしまうことも成長に負担がかかってしまう場合があります。

あくまでも、子供が習い事や学ぶ事を嫌いにならない様に、楽しみながら学ぶ事がとても重要です。

まずは段階を追って教育方法をしっかり決めていくと良いですね。

どういう教育をすれば良いの?幼児教育の種類と始め方

また幼児教育にも種類があります。

勉強・音楽・バレエ・工作や絵画・体操やプールなど今では他にも様々な種類がありますが、どれから始めるかというのも年齢によって違う場合があります。

まず勉強に関しては3歳はまだまだ言葉を話し始めた段階なので難しい場合もありますが、日常に関連して物の名前や数などからなら3歳でも始めることはできます。

ダンスを取り入れた幼児教育

音楽もリズムに合わせて踊ったり歌ったりなど感性を刺激する方法であれば何歳からでも始められるでしょう。

本格的にピアノなどの楽器を使用する場合には指の動きや手の大きさなども考慮して3歳から4歳で始められる方が良いかもしれませんし、様子を見ながらでも良いでしょう。

工作もハサミなど使用することができないので、紙は破ったりするなど他の方法でも十分にすることはできます。

絵もまだまだかけないという子供でも、絵を見たりするだけでも違ってくるでしょう。

体育の教室に通わせるなら子供に合っているのか体験させて見極めよう

幼児教育に最適なバレエ

バレエや体操・プールなどはその教室によっても教育スタイルが違う場合があるので注意しましょう。体験などをさせて子供に合っているのかを見極める事が重要です。

プールでも水に慣れていく方法で最初は浅い場所からゆっくりと進んでいけば危険ではありませんし、体操も走ったり体を動かせるのびのびとしたものから始めるのであれば良い成長の刺激となるでしょう。

バレエに関しては興味なども影響してうまく進めないこともあるかもしれませんが年齢が低い方が体も柔らかいので、この場合には低年齢から始めた方が良いですね。

幼児教育いつから行うべきか?注意点等をまとめると…

幼児教育をいつからやれば良いのか知る際のポイント

  • 幼児教育は「いつからやるか」焦らない事がとても重要です
  • 適切な時期を知りたいなら「遺伝子検査」も一つの手段
  • 一般的には三歳から始めるのが良いと言われている
  • 幼児教育に習い事を取り入れるなら「楽しみながら」やろう
  • 体育系の習い事を行うなら体験させる事から始めよう

このように種類別に見ても最初の入り方であったり段階などによっても年齢に合わせて行わなければならないものもあります。

3歳からという基準が一番良いとはされていますが、どんな才能があるかまず知って、自分の子供にはどのような進め方が良いのかも考慮してから幼児教育も初めていくようにしましょう。

お子さんの才能、ちゃんと理解してあげれていますか?

財団法人遺伝子検査協会の「遺伝子検査キット」

子供の遺伝子検査 『子供の能力を知れる』遺伝子検査の詳細を確認してみる

-教育プラン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

赤ちゃんの英才教育

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣!

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣! 目次1 赤ちゃんのうちから英才教育を行う事は実はとても効果的なんです1.1 勘違いしていませんか?赤ちゃんのうちから教育するのは …

統合失調症

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点!

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点! 目次1 誤った英才教育を行うと統合失調症になる?1.1 子供に強制する様な早期教育が悪影響を与える起因になります1. …

折り紙と幼児教育

幼児教育に最適!折り紙が子供に『自信と学ぶ楽しさ』を教える3つ理由

子供の頃は色々なことが刺激となって成長していくのですが、特に手指を動かすというのはとても良い刺激になると言われています。 大人でも手指を動かす行為は脳への刺激となり老化も防いでくれると言われています。 …

スティーブジョブズの教育方針

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか?

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか? 目次1 子供にどんな教育法を施したら良いのか迷っていませんか?1.1 スティーブ・ジョブズに学ぶ子供の教育方針1.1.1 …

子供の右脳教育

幼児の右脳を鍛えるのが効果的な理由&3つの成長を促す教育方法!

基本的に、幼児教育においては右脳を発達させる事が重要です。 と言うのも、人間の脳はだいたいですが右と左に分かれておりそれぞれ左右で役割も違ってきます。 どちらの脳も幼いうちに鍛えることで得意分野も大き …