子供の才能を伸ばしたい!教育ママの為の専門サイト【ママとれ】

子供の才能や能力を伸ばしたい!そんな悩みを持つママさん達の為の総合情報サイトです。

教育プラン

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点!

投稿日:

統合失調症

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点!

【PickUP】あなたのお子さんの能力ちゃんと把握されていますか?
今子供の教育で最も重要視されている事の一つが、「お子さんの特性に合った教育」を行ってあげる事。わずか60日でお子さんの才能や能力を知る事が出来るんです。

【痛みや面倒な検査無し!】子供の才能や特性を知れる「遺伝子検査」を確認する

誤った英才教育を行うと統合失調症になる?

統合失調症と英才教育

統合失調症とはドーパミンの過剰放出によって脳が正常に機能しなくなることで起こる疾患と言われています。

その症状は鬱や妄想などがあり適切な治療を行わなければ犯罪に至ってしまう場合もあるのです。

またこの統合失調症は少なからず、誤った早期教育を行った時に発生する可能性が有ると言う説があります。

英才教育というと厳しいイメージや縛り付けられるイメージがあります。

子供に強制する様な早期教育が悪影響を与える起因になります

統合失調症の可能性も出てくると言われている理由は、誤った教育を繰り返す事が原因です。

幼いうちからの早期教育や英才教育によって脳が著しく刺激されることが原因ともされている統合失調症ですが、だからと言って早期教育や英才教育がよくないというわけではありません。

強制する教育は統合失調症の元

基本的には早期教育は悪い事では無く、強制する事が子供に悪影響を及ぼす結果につながると考えるのが良いでしょう。

ですが子供のうちに受けた精神的なことの傷などは大人になってからも影響が出る場合もあるのです。

英才教育を行うにあたって、厳しいものであった場合には精神的なストレスも大きくなってしまいます。

それにより精神的に不安定となることも統合失調症を招いてしまうきっかけとなってしまう場合があるかもしれません。

英才教育だからと言って厳しく行えば良いということはないので、無理はさせないようにしなければならないのです。

早い段階から英才教育を行うのであれば親も一緒に愛情を持って行おう

愛情の有る教育

また早期教育は子供にだけさせるということも間違っています。子供だけ勉強していれば天才になるということもありません。

まずは親が一緒になって、愛情を注ぎながら行うということが重要なことでもあります。

放置されればされるほど子供は不安定になってしまいます。

興味を持たれることで安心感が生まれ良い刺激が脳に流れていくでしょう。

子供がうまく出来なくても心にゆとりを持って早期教育には取り組もう

心にゆとりの有る教育

時には、色々一緒に取り組んでも良い結果が出ず、お母さんも「なんでうまくできないの!」とストレスを抱えてしまう事も。

そうなると子供にとっても親にとっても良い結果にならないので、英才教育はやらない方が幾分かましなくらいです。

また無理やり詰め込まれたものは知識として残るのではなく単なるストレスとなってしまいます。

十分に余裕を持った教育にしていかなければならないのです。圧迫された教育は何も良いものは生みません。

一緒になってやっていたからといって追い詰めるような方法はしないようにしましょう。

また量が多いということも問題になります。

正しい英才教育で子供に負担をかけない為に遺伝子検査を行うのも手段

教育のやり方を知る遺伝子検査

まずはどのような能力があるかなどを遺伝子検査でチェックしてもらい、そこから良い教育を選択していくことが大切でしょう。

量が多ければ自分の時間を持つことができません。それも大きなストレスになります。

自分が一生懸命やってもゴールが見えなければ挫折につながってしまう場合もありますよね。

そうなってしまわないためにも一緒にできる余裕を持った英才教育が必要となるのです。

英才教育のやり方を間違えない為には環境づくりがとても大事です

環境の良い教育

英才教育も一つ二つ間違えてしまうと、その歪みはどんどん広がってしまうのです。

ちょっとでも歪みができてしまい放置することで修正も効かなくなります。

また良い刺激を脳に与えなければ統合失調症などの精神疾患まで引き起こしてしまう可能性もあるのです。

無理なことはせずに個性を出してあげるような英才教育を行えるような環境を作りましょう。

そして親も一緒にコミュニケーションをとり、子供の精神的なストレスを解放してあげられるようにしましょう。

それをすることで、精神的にも安定し妄想やうつなどを引き起こすことはないのです。

安定した精神は冷静な判断をもたらし、より良い知性を育みます。英才教育も簡単ではありませんが親の努力も大いに必要となってくるのです。

子供の個性を認めつつ正しい教育を一緒に取り組んでいこう

統合失調症にならない英才教育

心理的にも安定させてあげながらこそもの個性も認めて進めましょう。

また一緒に試行錯誤することも自分での解決の糸口を見つける良い訓練になります。

ストレスに感じてしまうかもと思われますが、この場合は逆に良いストレスとなってくれるはずです。

親と一緒にいるからこそ見えないゴールにはならないので、まずはそばにいてあげることを優先に一緒に頑張ってみてあげましょう。

お子さんの才能、ちゃんと理解してあげれていますか?

財団法人遺伝子検査協会の「遺伝子検査キット」

子供の遺伝子検査 『子供の能力を知れる』遺伝子検査の詳細を確認してみる

-教育プラン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

折り紙と幼児教育

幼児教育に最適!折り紙が子供に『自信と学ぶ楽しさ』を教える3つ理由

子供の頃は色々なことが刺激となって成長していくのですが、特に手指を動かすというのはとても良い刺激になると言われています。 大人でも手指を動かす行為は脳への刺激となり老化も防いでくれると言われています。 …

赤ちゃんの英才教育

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣!

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣! 目次1 赤ちゃんのうちから英才教育を行う事は実はとても効果的なんです1.1 勘違いしていませんか?赤ちゃんのうちから教育するのは …

子供の右脳教育

幼児の右脳を鍛えるのが効果的な理由&3つの成長を促す教育方法!

基本的に、幼児教育においては右脳を発達させる事が重要です。 と言うのも、人間の脳はだいたいですが右と左に分かれておりそれぞれ左右で役割も違ってきます。 どちらの脳も幼いうちに鍛えることで得意分野も大き …

幼児教育はいつから?

いつからするべき?幼児教育を行う時期&5つの子供を無理なく成長させるポイント

幼児教育を行う時期&5つの子供に無理なく成長させるポイント 目次1 いつから幼児教育を行うのが良いのか?当然個人差が有るから焦らない事が大事1.1 適切な時期と教育法を知る為に「遺伝子検査」を行うのも …

スティーブジョブズの教育方針

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか?

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか? 目次1 子供にどんな教育法を施したら良いのか迷っていませんか?1.1 スティーブ・ジョブズに学ぶ子供の教育方針1.1.1 …