子供の才能を伸ばしたい!教育ママの為の専門サイト【ママとれ】

子供の才能や能力を伸ばしたい!そんな悩みを持つママさん達の為の総合情報サイトです。

教育プラン

幼児の右脳を鍛えるのが効果的な理由&3つの成長を促す教育方法!

投稿日:

子供の右脳教育

基本的に、幼児教育においては右脳を発達させる事が重要です。

と言うのも、人間の脳はだいたいですが右と左に分かれておりそれぞれ左右で役割も違ってきます。

どちらの脳も幼いうちに鍛えることで得意分野も大きく変わってきます。

幼児教育には右脳を鍛えた方が良いと言われる理由は、感性を養う事が出来るからです。

下記にはそういった、幼児教育は右脳を鍛えるのが効果的と言われる理由について詳しく解説しています。

幼児の右脳を鍛えるのが効果的な理由&3つの成長を促す教育方法!

幼児教育では右脳を鍛えると「感性的な才能」が伸びるんです

右脳は基本的に感性の脳で、五感や直観力が優れていると考えられています。

また芸術的な才能も右脳であり、空間を認識したり図形に強いのも右脳になるのです。

子供の感性を伸ばす右脳教育

逆に左脳は言語や計算力に優れており論理的で分析なども得意な傾向が見られます。考え方も現実的であり、計画性もあるタイプです。

物事を科学的に捉えたりするのも左脳が影響していると考えられます。

このように右脳と左脳を比べてみると知的な才能は左脳にあり、感性の才能は右脳にあることがわかります。

ただ聞くだけだと左脳の方を鍛えた方が良いと思われますが、実は右脳側にも重要な才能が隠れているのです。

右脳を鍛える教育は「複雑な問題を解決できる能力」を伸ばす

子供の理解力を伸ばす右脳教育

右脳は感性だけと言われていますが理系脳には右脳側の方が優れている場合が多いのです。

右脳は感性だけでなく空間認識能力も優れていますし、数学や理科の知識にも直感が必要となる場合があります。

要はひらめきが優れていることで芸術的な感性だけでなく理系の才能にも優位である場合も多いのです。

右脳は理系脳で左脳は文系脳を司っていると言われています

逆に左脳は文系脳と言われていて、複雑なことに関しては苦手な傾向があるようです。

ですがどちらかが優れているから良いというわけでもなくどちらもそれぞれに役割があり、どちらも重要であることには変わりません。

右脳を伸ばすのが大事な理由

それでも右脳に関しては鍛えることでもっと発想力が高まり、いろいろな考え方もできるのです。

そしてこの右脳を大人になってから鍛えるのではなく、幼児教育に取り入れることで将来への可能性もより広がっていくということになります。

子供の「ひらめき」や「発想力」を養わせるなら右脳教育を率先して行おう

発想することでひらめきの力が養われ難しい問題に直面しても諦めずに解明することもできるでしょう。

成長するにつれて勉強も難しくなってきます。そういった初歩的な問題に直面しても解いていくことができるようになるでしょう。

また芸術面でも優れていることから芸術家への道というのも期待ができますね。

子供の芸術感性は右脳が大事

理系にももちろん文章を理解する力も必要になってきます。ただそれと同時に発想という力も重要となるのです。

左脳というのは比較的本を読んだりすることでも鍛えられますが右脳の場合の鍛え方は少し違ってきます。

実際に右脳を発達させる為にはどういう事を実践すれば良いの?

ですが、感性を磨くというのはなかなか難しいことでもあります。

ですが幼児の間に右脳を鍛える教育をすればどんどん感性も直感も磨かれて優れた発想をすることができる様になります。

どの様な事を実践したらお子さんの右脳が発達するのか?

それは、下記の様な3つの事を実践するのがとても効果的と言われています。

子供の右脳を発達させる!3つの子供と取り組むポイント

3つの右脳を鍛えるポイント

絵を描かせる

子供に繰り返し自由な絵を描かす事により、発想力を鍛えます。

また、色を用いた場合には「これは何色?」等と質問を投げかけて上げる事で理解力やアウトプットする力の向上も望めます。

そろばんを習う

小さい内からそろばんを習わす事で、数字への苦手意識がなくなり理系脳の土台を作る事が出来ます。

また、把握能力を養う事が出来ます。

積み木や粘土などの工作

子供と一緒に積み木や粘土を行う事で、作る喜びを知りながら発想能力を育てる事が出来ます。

また、物事を組み立てて考える基礎的な部分も養う効果が有ります。

こういった様な3つの取り組みを繰り返し実践する事で、右脳を鍛える事が可能です。

遺伝子検査で子供が「右脳的な感性」を持っているのかを把握して教育プランを立てよう

子供の遺伝子検査

また右脳を鍛える前にも遺伝子検査でどのような才能があるのかも検査して見ても良いですね。

この遺伝子検査でも感性をどのくらい持っているのかが調べられるので、右脳の鍛錬の参考になるでしょう。

もともとでも感性を強く持っている子供であれば衰えないように維持しながらさらに磨いていくという方法で教育の仕方も変えていけるでしょう。

右脳を鍛えることは簡単ではないからこそ、知っておくことでその子に有ったプランで鍛えることができるのです。

子供が小さい頃から適正に有った教育を繰り返し実践するのが大事

子供の適正に有った教育

また小さいうちからというのも重要ポイントです。早めに子供の傾向を知ると早めに始めることもできるのです。

右脳にあった英才教育の環境を整える前にまずは知ることから始めたいですね。また右脳と同時に左脳への刺激も忘れないようにしましょう。

両方の脳を使用することで、しっかりとした根拠のある考えが出来上がるのです。

その考えこそが右脳の訓練による結果となります。結果のためにも右脳を意識して教育をするようにしましょう。

お子さんの才能、ちゃんと理解してあげれていますか?

財団法人遺伝子検査協会の「遺伝子検査キット」

子供の遺伝子検査 『子供の能力を知れる』遺伝子検査の詳細を確認してみる

-教育プラン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

折り紙と幼児教育

幼児教育に最適!折り紙が子供に『自信と学ぶ楽しさ』を教える3つ理由

子供の頃は色々なことが刺激となって成長していくのですが、特に手指を動かすというのはとても良い刺激になると言われています。 大人でも手指を動かす行為は脳への刺激となり老化も防いでくれると言われています。 …

赤ちゃんの英才教育

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣!

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣! 目次1 赤ちゃんのうちから英才教育を行う事は実はとても効果的なんです1.1 勘違いしていませんか?赤ちゃんのうちから教育するのは …

スティーブジョブズの教育方針

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか?

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか? 目次1 子供にどんな教育法を施したら良いのか迷っていませんか?1.1 スティーブ・ジョブズに学ぶ子供の教育方針1.1.1 …

幼児教育はいつから?

いつからするべき?幼児教育を行う時期&5つの子供を無理なく成長させるポイント

幼児教育を行う時期&5つの子供に無理なく成長させるポイント 目次1 いつから幼児教育を行うのが良いのか?当然個人差が有るから焦らない事が大事1.1 適切な時期と教育法を知る為に「遺伝子検査」を行うのも …

統合失調症

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点!

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点! 目次1 誤った英才教育を行うと統合失調症になる?1.1 子供に強制する様な早期教育が悪影響を与える起因になります1. …