子供の才能を伸ばしたい!教育ママの為の専門サイト【ママとれ】

子供の才能や能力を伸ばしたい!そんな悩みを持つママさん達の為の総合情報サイトです。

教育プラン

幼児教育に最適!折り紙が子供に『自信と学ぶ楽しさ』を教える3つ理由

投稿日:

折り紙と幼児教育

子供の頃は色々なことが刺激となって成長していくのですが、特に手指を動かすというのはとても良い刺激になると言われています。

大人でも手指を動かす行為は脳への刺激となり老化も防いでくれると言われています。

まだまだ不器用かもしれませんが幼い頃からの手指の運動はとても良い脳への刺激になり成長にも良い影響を与えるので、幼児教育にも取り入れていきたいものです。

また一番良い手指の運動としては折り紙が今とても注目されています。

今回はそういった、幼児に良い折り紙を用いた教育が効果的な理由について詳しくご紹介致します。

折り紙を用いた幼児教育は学習能力と身体能力を向上させる効果が有る!

折り紙が与える効果

折り紙は実は指の動きも繊細になってきます。折る行為で指にも力が入りますし、微妙な力加減も必要とされるのです。

この繊細な指の動きが脳へ大きな刺激を与えてくれるのです。

また、一般的にこの繊細な動きが得意な子供は学習能力も高いですし身体能力も高いと言われています。

ということは全てにおいての能力が折り紙によって鍛えられると言うことなのです。

子供に折り紙の楽しさを教えて「自発的に学ぶ」事を覚えさそう

折り紙は三日坊主にならない様に

最初は不器用に感じて、段々と親の方が折り紙に付き合う時間が無くなり、3日坊主で終わってしまう方も多いです。

けれども親が諦めずに一緒になって教えてあげることで、子供は吸収が早いためどんどん上達していくでしょう。

またこのような細かな作業を行うことで、集中力も身についてきます。始めてみて子供を観察していればその違いにも気づかされる場合もあります。

一度折り紙の楽しさを覚えれば、後は子供は教えずとも自分で勝手に学んでくれます。

なので、なるべく早い段階でしっかり取り組み、子供に折り紙の魅力知ってもらう様に教育して行きましょう。

折り紙を教えていて不安を覚えたら「遺伝子検査」で能力をチェックしてみよう

能力の遺伝子検査

折り紙などを教えていて、「中々覚えが悪い」「うちの子は不器用なのかしら…」

そういう事がもし気になるようでしたら、遺伝子検査であなたのお子さんの持つ能力を調べてみると良いですね。

全てにおいて優れていない子供はいませんが、どのような点が秀でていてそのような部分が苦手なのかがわかれば、どういう教育法が効果的なのか観察しやすくなるでしょう。

けれども、あまり芸術面の才能が低かったとしても、諦めてはいけません。

現時点の才能が低くても、折り紙を懇切丁寧に教え込む事で能力は向上します。

幼児教育は様々な物もありますが、まずは折り紙から取り入れてみるとその後の学習分野に入った時にも、取り込みやすくなるはずです。

折り紙は子供に達成感を与える効果の期待できる教材です

達成感を味わう子供

折り紙で作ることと作った後の達成感も幼児の心には重要な糧となります。

達成感を味わうと満足感で溢れますし、頑張ったという実績が自信を持たせていくのです。

難しくても諦めずにやるということの大切さも学んでいくことができるすごい知育教材でもありますね。

勉強はどんな方法でも参考書があればいつでも始めることができるかもしれませんが、折り紙は最初から綺麗にできる子供は稀にしかいません。

だからこそ失敗から入る・難しさから入るという難点も乗り越えなければいけない壁として試練を学ぶことができるでしょう。

最近では幼児教育の学習という点ばかりが注目されていましたが、今では折り紙での幼児教育が再燃し始めています。

何歳から初めても折り紙には感性を伸ばす力が有ります

学習から入ってしまうよりも断然良い方法なので、まずは一緒に折り紙から取り入れてみましょう。

どの年齢の子供でも折り紙は脳に良い刺激を与えます。

年齢が上がっていくことで親と一緒に大きな作品を作っていくなども一緒に楽しめますし、良い目標ともなります。

折り紙はいくつになっても効果が有る

一人でさせるのではなく一緒にするというのも大切な時間となります。親との関係を深めることで子供はさらに知性や感性も伸びていくでしょう。

最初は下手でも笑い合いながら折り紙での幼児教育を取り入れていきたいですね。

我が子の才能を引き出すのも親次第ですし、脳を刺激する方法を取り入れるのかも親次第になります。

たかが折り紙と考えずにまずはやってみる、続けてみるようにしましょう。

生まれ持った能力だけではなくそのあとの能力も伸ばしてくれる良い刺激となります。

学習系に追加して折り紙の時間も少し増やしてみてはいかがでしょうか。

お子さんの才能、ちゃんと理解してあげれていますか?

財団法人遺伝子検査協会の「遺伝子検査キット」

子供の遺伝子検査 『子供の能力を知れる』遺伝子検査の詳細を確認してみる

-教育プラン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

赤ちゃんの英才教育

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣!

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣! 目次1 赤ちゃんのうちから英才教育を行う事は実はとても効果的なんです1.1 勘違いしていませんか?赤ちゃんのうちから教育するのは …

子供の右脳教育

幼児の右脳を鍛えるのが効果的な理由&3つの成長を促す教育方法!

基本的に、幼児教育においては右脳を発達させる事が重要です。 と言うのも、人間の脳はだいたいですが右と左に分かれておりそれぞれ左右で役割も違ってきます。 どちらの脳も幼いうちに鍛えることで得意分野も大き …

幼児教育はいつから?

いつからするべき?幼児教育を行う時期&5つの子供を無理なく成長させるポイント

幼児教育を行う時期&5つの子供に無理なく成長させるポイント 目次1 いつから幼児教育を行うのが良いのか?当然個人差が有るから焦らない事が大事1.1 適切な時期と教育法を知る為に「遺伝子検査」を行うのも …

統合失調症

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点!

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点! 目次1 誤った英才教育を行うと統合失調症になる?1.1 子供に強制する様な早期教育が悪影響を与える起因になります1. …

スティーブジョブズの教育方針

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか?

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか? 目次1 子供にどんな教育法を施したら良いのか迷っていませんか?1.1 スティーブ・ジョブズに学ぶ子供の教育方針1.1.1 …