子供の才能を伸ばしたい!教育ママの為の専門サイト【ママとれ】

子供の才能や能力を伸ばしたい!そんな悩みを持つママさん達の為の総合情報サイトです。

教育プラン

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか?

投稿日:

スティーブジョブズの教育方針

スティーブ・ジョブズの教育方針に学ぶ!どんな教育法で子供に接すれば良いのか?

【PickUP】あなたのお子さんの能力ちゃんと把握されていますか?
今子供の教育で最も重要視されている事の一つが、「お子さんの特性に合った教育」を行ってあげる事。わずか60日でお子さんの才能や能力を知る事が出来るんです。

【痛みや面倒な検査無し!】子供の才能や特性を知れる「遺伝子検査」を確認する

子供にどんな教育法を施したら良いのか迷っていませんか?

子供が持って生まれた才能は子供が選ぶものではなく、大人が見つけ伸ばしてあげるものです。

そのためには才能を伸ばす教育法もしっかり大人が知っておかなくてはなりません。

教育法といっても具体的にはそれぞれ違ってきますが、小さい頃はほぼ同じと考えても良いでしょう。

けれども、しっかりとした方針を持って子供の教育プランを組み立てる事はとても重要です。

スティーブ・ジョブズに学ぶ子供の教育方針

ジョブズが行った教育法

例えば、2011年に亡くなったスティーブジョブスはiphoneの生みの親でありiPhoneやiPadを創造しスマホ時代を到来させた張本人です。

現代の最新テクノロジーにおいて天才と呼ばれるほどの才能豊かな人物で、現在若者たちを中心に人気を集めているスマホを世に広め可能性の幅を拡大させた偉人です。

彼には子供が3人おり、彼なりの教育方針のもと子育てに積極的に関わっていたそうです。

ジョブズの教育方針は「親としてローテクを貫く」ことでした

スマホを子供に使わせない

その彼の教育方針とは、子どもたちには親としてローテクを貫き、子どもたちの電子機器の利用を厳しく制限するというものでした。

最新テクノロジーの生みの親でもある彼が、何故わが子には厳しい制限をかけ、使用を禁止していたのでしょうか。

それは、ジョブズが我が子のハイテク機器利用の時間が増えることを心配していたからです。

ハイテク機器は子供にとっては楽しい遊び道具の1つであり、使用していると時間を忘れて熱中してしまう事もあります。

そのため、わが子の遊び相手がそのような電子機器になってしまうと、家庭で過ごす時間のほとんどを電子機器のスクリーンを見つめる時間に費やしてしまいます。

実はジョブズの子供はコンピューターに触れる事が少なかった

家族とのコミュニケーション

ジョブズはこれを危惧しており、スクリーンを眺める時間よりも顔と顔を合わせてお喋りをする家族共有の時間をとりたいと考えていたため子供たちには厳しいほど機器の使用に制限をかけ使用を禁止していたそうです。

いつもジョブズの方針として、子供たちと一緒のテーブルで夕食をとり、本や歴史や様々なトピックスについて話し合う時間を大切にするようにしていました。

そのため、誰もiPadやコンピューターを家庭で使用することはなかったそうです。

現在は、スマホ依存、PC依存と言われるように過度にハイテク機器に依存する方が多くなっています。

スティーブジョブスのようにある程度親が制限をしてあげることでこのような状態になることを避ける必要があるのかもしれません。

子供の教育法は時間をかけて探すものだったけれど今は「遺伝子検査」と言う選択肢も

遺伝子検査の結果

こういった様に、子供の基本的な能力と言うのは、コンピューターの中では無く、日常の中から見つけたり伸ばしてあげる物。

なので、子供の才能というのも昔は時間をかけて知るものでした。

ですが今では親が望めば遺伝子検査で才能の詳しい内容をしっかり知ることができます。

そこまでして、考える方もいるかもしれませんが、回り道をせずにたどり着ける方法でもあるのです。

また才能を伸ばしたいと考えているご両親ならなおさら必要な情報でもあるのです。

こういった手段も知っておくことも才能を伸ばす教育法には十分必要でしょう。

短所を補うよりも「子供の長所を伸ばす」事に目を向けた教育を

長所を伸ばす教育

またそのほかの方法として才能を伸ばす前に失敗例に苦手分野があればそちらにも力を入れようと無理をさせてしまう場合もありますが間違いです。

子供の頃は無理が一番禁物となります。また苦手分野だけに目を向けてしまうことも間違いです。

それぞれ得意も合わせてバランスよくしてあげることが大切です。

基本的に叱ったり怒ったりすることはよくありません。

感情的になって叱りつけるよりも「ヒント」を与える様にしよう

子供にヒントを与える

親として気になる部分や何度も間違える部分であっても、「前にもやったでしょ?」や「どうしてわからないの?」などは決して言わないようにしましょう。

言いたくなってしまうこともありますが、ぐっとこらえて、見守るようにしましょう。

またこういった場合には「前にも見たことない?」や「覚えてるかな?」などちょっとだけヒントを出しながら導いてあげることも重要です。

そして子供は導かれたことでその方法を覚えます。

たとえわからなくなったとしても、この時の会話もしっかり覚えているので、記憶に残るようなヒントを与えたりすることも大切です。

子供に簡単に答えを教えるのでは無く「考えさせる」事も重要

子供に考えさせる

この時全て教えてしまわないようにすることも大きなポイントとなります。

全て教わってしまうと考えられない子供になってしまうので、できるだけ考えさせるようにします。

答えを大人が出してしまうと結果的に答えが出てくるから自分では考えないようになってしまいます。

時には答えを出さずにそのまま考えさせたり、自分で調べるように誘導してあげるのも大切な教育法です。

そうすれば子供は自分なりに工夫する努力をします。

子供は考えることによって才能がどんどん伸びていくものです。

しっかり才能を伸ばしていくためにも考えさせるということも取り入れていきましょう。

子供のそばに親が一緒にいてあげる事も大事な教育の一つ

子供と一緒に考える

また考えさせたりする方法以外にも、親も一緒にという教育法があります。

親がそばにいることで子供も安心して熱中することができますし、楽しいと感じ続けることができるのです。

楽しくなければ続きませんし続かなければ才能は伸びません。

しっかり伸ばすためにも自立心が芽生えるまでは一緒にそばにいてあげましょう。

一緒にいることで間違いにも気がついてあげることができますし、そのことがきっかけで考えさせることもできるのです。

才能を伸ばすためにもより良い距離で適度な声かけと褒めること、そして興味を示すことが重要となるでしょう。

子供の才能を知り適度な距離で見守る教育法でしっかり才能を伸ばしましょう。

お子さんの才能、ちゃんと理解してあげれていますか?

財団法人遺伝子検査協会の「遺伝子検査キット」

子供の遺伝子検査 『子供の能力を知れる』遺伝子検査の詳細を確認してみる

-教育プラン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

幼児教育はいつから?

いつからするべき?幼児教育を行う時期&5つの子供を無理なく成長させるポイント

幼児教育を行う時期&5つの子供に無理なく成長させるポイント 目次1 いつから幼児教育を行うのが良いのか?当然個人差が有るから焦らない事が大事1.1 適切な時期と教育法を知る為に「遺伝子検査」を行うのも …

赤ちゃんの英才教育

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣!

赤ちゃんの英才教育誤解していませんか?5つの正しい脳を成長させる秘訣! 目次1 赤ちゃんのうちから英才教育を行う事は実はとても効果的なんです1.1 勘違いしていませんか?赤ちゃんのうちから教育するのは …

折り紙と幼児教育

幼児教育に最適!折り紙が子供に『自信と学ぶ楽しさ』を教える3つ理由

子供の頃は色々なことが刺激となって成長していくのですが、特に手指を動かすというのはとても良い刺激になると言われています。 大人でも手指を動かす行為は脳への刺激となり老化も防いでくれると言われています。 …

統合失調症

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点!

英才教育を早い時期に行うと「統合失調症」になる?5つの気を付けるべき原因や注意点! 目次1 誤った英才教育を行うと統合失調症になる?1.1 子供に強制する様な早期教育が悪影響を与える起因になります1. …

子供の右脳教育

幼児の右脳を鍛えるのが効果的な理由&3つの成長を促す教育方法!

基本的に、幼児教育においては右脳を発達させる事が重要です。 と言うのも、人間の脳はだいたいですが右と左に分かれておりそれぞれ左右で役割も違ってきます。 どちらの脳も幼いうちに鍛えることで得意分野も大き …